スポンサーリンク

TOEICのレベルチェック。無料をオススメしない理由

この記事は約 7 分で読めます。

管理人のシンイチです。
いつもありがとうございます。

今日は「TOEICのレベルチェック」
についてお伝えしたいと思います。

この手のことをお考えの場合は恐らく
これからTOEICを受けられる方でしょう。

なにかの試験を受けるのならば
今の実力が気になるのは当然のこと。

どうせ本番をすぐ受けるんだから
できれば無料でチェックしたい。

あなたも今同じように考えていますよね?

先ず、結論からお伝えしますね。

無料のモノではなく
有料の公式問題集でやりましょう。

その辺りを3つに分けて解説します。

1.無料はダメ

TOEICのレベルチェックをしたいという気持ちは
かなりよくわかります。

今までやったことがないことをやるときは
どの位にレベルにいるのかを知りたくなるのは
当然ですから。

最近はどんなものでも無料で試せますから
TOEICも同じように無料でレベルチェックしたいと
お考えになるには当然でしょう。

ですが、アプリやサイトなどで無料でできるものは
あまり意味はないんですよ。

正直全然オススメできません。

なぜならば本番のTOEICは
無料でできるものとは違うからです。

正直、無料のものをやるくらいなら
何もやらないでいきなりTOEICを受けても
いいんじゃないかと思います。

そうはいっても
まだイメージが湧いてませんよね?

TOEICのポイントをざっくり説明しますと
大きく2つあります。

① 2時間の試験時間で休みなし
② 大学受験とは全然違う傾向

まずは

① 2時間の試験時間で休みなし

TOEICはリーディングパートと
リスニングパートに2系統の問題が
出題されます。

それらを2時間の間に
一切休みなしで解くんですよ。

しかも問題の中で日本語は一切ありません。

問題、選択肢、音声などの全てが英語です。
2時間びっしり英語漬け^^;

あなたの人生で2時間かかる英語のテストって
おそらく経験はないはずですよね?

② 大学受験とは全然違う傾向

これからTOEICを初めて受けられる方は
大学生になられたばかりの方でしょう。

なぜならそれなりの会社で勤務されている方なら
TOEICは絶対に1度は受けているからです。

・就活のとき
・入社したとき
・昇進テスト前

などなど。

TOEICを全然知らない方からみると
英単語や熟語レベルで知らないものがほとんどですし
リスニングの英語はそこそこ速いです。

特に単語や熟語レベルではビジネスでは割と
目にするんですが大学入試では絶対出てこない
単語がでてきます。

つまり大学受験の英語とは違うベクトルの試験です。

なので、これまでのあなたの経験は
せいぜい中学の文法が役立つ程度。

まったく未知の世界といってもいいでしょう。
自分がTOEICをはじめて受けたときも

「これは英語の試験らしい」

ということがわかった程度。
問題は一切解けませんでした。

そんなあなたにとっても未知の世界なら
可能な限り本番のTOEIC試験と同じ内容の
問題でないと全然意味がないはず。

しかしながら、
無料でできるものは大体は量が足りません。

また質の観点からいっても
微妙にTOEICっぽくない部分があります。

質・量ともにダメ。

なので、本番試験に向けたレベルチェック
もしくは問題に慣れるという意味では
全然役に立ちません。

タダほど高いものはないといいますが、
時間を無駄にするだけですよ。

スポンサーリンク

2.公式問題集がオススメ

TOEICのレベルチェックをしたいなら
TOEICの本番相当の量と質の問題を
本番さながらの時間で解く以外ないんですね。

ですが、TOEICでは英検のように過去問は公開
されていないんですよ^^;

なので、TOEICの本番試験にかぎりなく近い
問題集を使う必要があります。

その問題集のことを【公式問題集】と呼びます。

具体的にはこちらです。

公式問題集とはTOEICを主催する団体が
作ったTOEIC専用問題集のことなんですね。

内容としては

・本番試験と同じ問題数で難易度も同じ
・1冊あたり本番試験2回分が収録
・答え合わせをすればスコアがわかる

そんな問題集です。
つまりはTOEIC相当のテストが2回分収録された
問題集というわけです。

TOEICの公式団体は販売しており
問題の質や量も同じ。

それならば問題を本番と同じ時間制限で
解いて答え合わせをすればいいわけです。

それであなたのレベルチェックはできますから。

公式問題集は何冊か販売されており
最近のものは1冊あたり3300円です。

少し昔のものですとメルカリあたりでは
高くても2000円弱で購入できます。

レベルチェックに2000円?

そう思われるかもしれませんね。

しかしながら、あなたがTOEICを受けようと
お考えになられたは趣味ではないはず。

最終的には就活目的でしょう。

そんな最終ゴールが見えているならば
公式問題集は絶対に購入します。

100%ですよ。

しかも購入した公式問題集は
100回位は解くことになります。

自分は1冊あたり100回以上解いています。
数百回解いたんじゃないかと。

ならば、今レベルチェック用に買ったとしても
全然問題ないはず。

メルカリで買わずに新品を買っても
全然OKだと思いますよ。

TOEICでスコアを上げるのは時間がかかりますから
勉強を始めるのは限りなく早いほうがいいです。

今すぐ本屋にいくかアマゾンでポチっても
一切損はしません。

3.シンイチのまとめ&考察

まとめますと

・TOEICのレベルチェックは公式問題集一択
・無料でできることは限られている

となります。

最近はどんなものでも無料でできますが、
TOEICのような試験や問題集に関しては
質と量が重要です。

無料の場合は質と量のどれかが欠けています。

ある程度のコストがかかることとは
必要経費とお考えください。

今日もありがとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました