TOEICはオンライン受験が不可避。事前知識も必須な理由

管理人のシンイチです。
いつもありがとうございます。

今日は

「TOEICのオンライン受験」

についてお伝えしたいと思います。

この手のことをお考えの場合は
恐らくコロナの影響で
TOEICの公開テストが受けれなくて
お困りの方でしょう。

しかしながら、
IPテストではオンライン受験も
可能になったとお聞きになり
調べているんでしょう。

今後TOEICはどうなっていくのかが
気になっているはず。

あなたも今同じように考えていますよね?

先ず、結論からお伝えしますね。

オンライン受験は不可避です。
事前知識なしでは失敗します。

その辺りを5つに分けて解説します。

1.TOEICの今後の流れ

TOEICのIPテストに関しては
2020年4月より開始されています。

今のところは大学でのクラスの振り分け
に使われているケースが多いんですね。

また、
公開テストもオンライン受験は
できるようになっておらず
ひたすら中止となっています。

こんな状況で今後のTOEICが
どうなるのかは気になること。

東証1部の大企業で長年
従事した経験からいきますと
どうなるかは明確です。

・TOEICはなくなりません
・TOEICはオンラインがメインになります

2.TOEICがなくならない理由

TOEICのスコアは就活や昇進で
参考にされるデータであることは
あなたもご存知でしょう。

ほとんどの会社では

TOEICのスコア = 英語力

というふうに【形式的に】評価されています。

あえて形式的にといったのは理由があります。

TOEICのスコアが高いから
英語でコミュニケーションが取れるとは
限らない

これは企業では認知されています。

しかしながら
英語に関する実務上のスキルというのは
TOEICが一定レベルなら慣れでなんとかなる
というのも事実なんですね。

TOEICは非常に多くの人が受けており
点数で簡易的な実力診断ができるわけですから
企業にとっては使えるデータです。

また、
特に日本企業は横並び気質が強いですから
一般的なものは他社と同様のことをすることが
非常に多いんですね。

さらに一度決めたルールを変えることを
あまり好まないんですよ。

ですから
英語力を測るのに
今から英検だとかTOEFLを
使うはずがありません。

3.オンライン受験が活用される理由

コロナの影響で
多くの人数が1箇所に集合するのは
全て自粛要請されています。

自粛要請自体は徐々に解除されるでしょうが、
TOEICが毎月開催されるようになるのは
全然先の話でしょう。

理由は簡単。

今後も散発的に自粛要請されるから。

コロナに対するワクチンはまだないので
沈静化したり流行ったりを繰り返すはず。

ですから
いったんコロナが沈静化したとしても
散発的に自粛要請がされる可能があります。

となると、
TOEICテスト自体が実施する予定であっても
簡単に中止になるはずなんですね。

そんな状況に対して
TOEICを実施する団体が
ぼーっと見ているだけなはずはなく。

なぜなら、慈善事業ではありませんから。

利益をあげなければいけないわけです。

その利益はTOEICの公開テストなどの
受験料が多くを占めているはず。

なので、
テストは必ず毎月1回は
なんらかの形で開催されるはず。

その形式はオンラインです。

IPテストはオンラインで実施できますから
公開テストをオンラインで実施できないはずが
ありません。

オンラインの場合ですと
試験会場を借りる必要もありませんし、
問題用紙を印刷するコストも不要。

オンラインの方が利益があがるんですよ。

今後必ずオンライン受験が
TOEICのメインの受験形態になります。

4.オンライン受験の情報は必須知識

TOEICのオンライン受験が進むとしたとき
今までのマークシートと同じ形式でないのは
もう既に明確となっています。

既に実施されているT
OEIC IPのオンライン受験では
従来のマークシート式とは
異なることが出てきています。

例えば

・問題数が減った
・試験時間が減った
・全員が同じ問題ではない

などなど。

従来のTOEIC解説本に記載されていた
テクニックで使えなくなっているものも
あるんです。

つまり、

TOEICのオンライン化が不可避なのに
その情報の入手が困難になっている。

これは受験者の間に情報格差が
生まれてしまっているということです。

オンライン受験に関して
事前知識のありなしでスコアは雲泥の差。

英語の実力とは無関係にですよ^^;

それはさすがにまずいですよね?

あなたがオンライン受験に関して
ツイッターなどのSNSで調べたり
googleで検索することは不要です。

本サイトで
TOEICのオンライン受験に関する
最新の情報をわかりやすくお伝えしますから。

オンライン受験に関しては
このサイトでご紹介した情報だけ
十分ですよ。

あなたはTOEICの勉強【だけ】を
すればいいんです^^

5.シンイチのまとめ&考察

まとめますと

・TOEICはなくならない
・オンライン受験がメインになる
・オンライン受験の知識が必須

となります。

オンライン受験に関しては
まだ始まったばかり。

あなたが必要とする情報は
この記事の下に並べてありますよ。

今日もありがとうございました^^

TOEICオンライン受験

TOEICオンライン受験での時間配分。マークシート式との違いを解説

TOEICオンライン受験で時間配分は どうなっているんだろうか? マークシート式の場合は リーディングでうまくやれずに Part7を大量に残してしまった。 なにかコツはあるんだろうか。 TOEICオンライン受験での時間配分を 解説します。
TOEICオンライン受験

TOEICオンライン受験でのパソコン。環境や事前準備を解説

TOEICオンライン受験のパソコンは どういった環境が必要なんだろうか? 初めて受けるので勝手がわからない。 自宅にあるPCで使えるのか。 事前に準備することはないのか。 TOEICのオンライン受験でのパソコンの 準備に関して解説します。 慣れるためのサイトもご紹介。
TOEICオンライン受験

TOEICオンライン受験でのトラブル。よくあるケースを解説

TOEICのオンライン受験でトラブルは どんなことがあり得るんだろうか。 初めて自宅でパソコンを使って 受けるのでちょっと心配。 よくある問題とその対策を 事前に確認しておきたい。 TOEICのオンライン受験で発生しがちな 問題への対応を解説します。 PC関連は要注意。
TOEICオンライン受験

TOEICオンライン受験の結果。いつ分かるのかを詳細解説

TOEICでオンライン受験の結果は いつわかるんだろうか? マークシート式の場合は 結果が返却されるまでに 数週間かかっていた。 ネットで完結するなら もっと早くてもいいはず。 TOEICでオンライン受験の結果が いつ判明するのかを解説します。 実は超早いんですよ。
TOEICオンライン受験

TOEICオンライン受験の難易度。知るべき4つのポイント

TOEICのオンライン受験の難易度は? IPテストから始まったネットでのテストは これまでと違うらしい。 どの位難しくなったんだろうか。 勉強の仕方を変えないとダメなのか。 TOEICのオンライン受験の難易度を 詳細に解説します。 出題形式の変更がインパクト大です。
タイトルとURLをコピーしました